体調が悪くなるのはなぜ?・・・「湿痰」編

東洋医学では「気・血・水」の3つの要素が体内を循環することによって健康が保たれていると言われています。
前回の『気』は体のエネルギー源でそれが滞ることを『気滞』と説明しました。
今回は3要素の中の『水』が滞る『湿痰』について説明いたします。
 
東洋医学で言う『水』は栄養素を含んだ水分の事を言い、胃液や涙など体全体を潤し、
循環して体温調節や関節の動きを滑らかにします。
その『水』が滞ることを『湿痰』と言います。
 
水が体内で滞ってしまうと粘った物に変わってしまい気を巡らせる機能を阻害するために『気滞』が生じて痛みに変わってしまいます。
原因は過剰な水分が体内に滞ってしまう事で、食べすぎや飲みすぎ、運動不足が考えられます。
湿痰は粘り気がある分、気滞よりしつこいため痛みがなかなか動きません。
 
湿痰にかかわる臓器としては『脾臓』です。そのため、脾の働きを正常に保たねばなりません。
脾は、下記の要因に弱く、働きが低下してしまいます。
  • 冷え
  • 多湿
  • 冷たい飲食物
  • 味の濃いもの
  • 脂の多いもの
  • 甘いもの
その他『湿痰』にかかわる臓器としては『肺』そして『腎臓』です。
脾臓は『生痰の臓器』肺は『貯痰の臓器』と言われます。
また腎臓も水分い関わるので、この3つの臓器を正常にしておくことが大事です。
 
湿痰を取り去るのに使用するツボとして
『脾兪』
 
 
 
『胃兪』
 
 
『豊隆』
 
『陰陵泉』等です。
 
次回は最もやっかいな『瘀血』についてです。