インディバとは

インディバ(INDIBA)とは、電気メスの発明者であるスペインの物理医学博士ホセ・カルベット氏(インディバ社)により開発された、電磁波エネルギーによる高周波温熱機器です。

インディバは体内細胞分子レベルの振動により熱を発生させるという「深部加温温熱療法」です。

インディバが発生する温熱は『ジュール熱』と言い、体内の全ての生体細胞分子が細かく振動させ細胞同士が何度もぶつかって擦れあい摩擦熱を『ジュール熱』と言います。高周波で生じる『ジュール熱』の発生により、体内組織の温度を3℃~7℃上昇させることが可能です。

体を温めるという方法では温泉やサウナなどが有名ですが、熱源が体の外側にあり、体の表面から熱を吸収している為20分~30分で熱は体外に放出していきます。皮膚は熱に弱いため、表面的に吸収した熱は脳が冷やそうと働きだすからです。

ジュール熱により身体の深部に熱源を作るため深部の熱が完全に放熱し終わるまで2~4時間はかかると言われています。その間、血液が全身にこの熱を運び、動きの鈍ってしまった細胞たちを活性化させることにより「身体が本来持っている力を取り戻す」というのがインディバの特徴です。

体内の温度が上がることで、血流、リンパの流れを改善し、代謝が促進され、老廃物の排出やお肌のターンオーバーも活発になります。また脂肪・セルライトの燃焼にも繋がります。様々な病気の原因といわれている活性酵素を除去するという効果から内側も外側も体全体が健康的になることが可能です。

体熱は人間に不可欠なもので、体温が一度下がると病気の発生率が上がります。継続をすることできちんとした代謝を可能にし、体温保持をすることで結果「美容」・「健康」への『予防』が期待できます。

インディバの効果

・基礎代謝が上がることで体内の老廃物の除去。基礎体温が1℃上がると、基礎代謝量は30%アップします。

・自律神経のバランスを整える:体だけでなく、心の疲れやストレスのケアします

・筋肉の緊張緩和・関節の可動域(動き)の改善:肩こり・腰痛や、ひざ・ひじなど関節等の痛みの緩和

体に抱える筋肉のはりや痛みを和らげ、疲労回復を促します。

・内臓脂肪、皮下脂肪燃焼、セルライトの改善…胃もたれ・便秘・肌荒れなど、蓄積された内臓の疲れを改善させます。気になる皮下脂肪・セルライト・内臓脂肪を除去し痩せやすい体質にします。また、基礎代謝があがることで、脂肪燃焼しやすくセルライトのつきにくい体質、太りにくい体質へ変わります

・免疫力を高め、治癒力・抵抗力をつける。低体温は免疫力にも影響します。体温保持で予防をし病原菌に負けない健康な体づくりを促進します。

・冷えの改善:体の冷えは、体内の内蔵機能も低下させ、老廃物を排泄させるリンパ管の詰まりにつながるので、体質を改善していくことで、内臓を活性化しむくみ難い身体にします。便秘や下痢の改善を促します。

・生理痛の緩和…不妊・生理痛・PMSなど婦人系機能の改善、産後のケア、女性の抱える悩みにアプローチ。産後の妊娠線などにも

・その他…血行促進、皮膚の引き締め、リラクゼーション、リフトアップ、ヒップアップ、バストアップ、細胞の修復など

 

お腹が冷える原因

一般的にお腹の冷えは内臓の冷えが原因と考えられています。特にお臍を中心に、お腹の周りには腸や膀胱、女性では卵巣や子宮などが存在していることから、これらの臓器の活動状態を反映している可能性があります。また、「お腹を出して寝てしまった」というように、お腹を冷やすような環境にいたこともその原因の1つです。

特に内臓の冷えは、下痢や便秘などの消化器系の病気、膀胱炎などの泌尿器系の病気、さらにはPMS(月経前症候群)や生理痛などの生殖器系の病気に発展しまた、関連していることもあるため、適切な対策をとることが大切です。

お腹が冷える原因

ストレスによるものが多く、ストレス下では内臓血流が低下し、内臓の働きを抑制するとともに、お腹の冷えが現れると考えられています。またストレス以外で内臓を冷やす要因として身体を冷やすような食材や飲み物の摂取は内臓を直接的に冷やすため、内臓の活動低下を招き、お腹が冷えることになります。さらに、その状態が長く続くと、内臓の血流を上げるために多くの血流を内臓に集めるために、結果としてお腹だけでなく、全身が冷えることになります。

また、お腹の周りには多くの筋肉が存在し、運動不足によりお腹の筋肉が硬くなると、血行が悪くなることで冷えるとともに、骨盤底筋群などの筋力低下は骨盤内臓器(膀胱・腸・子宮など)の機能低下を招くことにつながります。

このようにお腹の冷えは、ストレスや食習慣、運動習慣などの生活習慣と密接に関係しています。

 

お腹を温める効果

 

冷え性の改善

手先、足先が冷えてしまい何かしらの方法でその場しのぎでひととき温まっても、すぐにまた冷たくなってしまうのは、体内で作った熱を血流がきちんと運べていない可能性があります。

また、おなか周りがご自分の脇の下より冷たい気がする人は内臓の温度が充分でなく体温が35℃台かも知れません。腹部をしっかり温めて体温を上げれば、熱を逃がすために手足の血管が開き、末端の冷えも根本から改善することができます。

代謝が向上する

身体の中心で熱がしっかり作られると、温まった血液の流れにのって酸素や栄養素が体内のすみずみまで運ばれていきます。すると細胞の働きも活発になり、新陳代謝がスムーズに行われることで、お肌も生き生きと若い状態に。また、基礎代謝が向上するとカロリーを効率よく消費できるため、痩せやすく太りにくい体を作ることが出来ます。

便秘の解消

食物繊維が豊富な野菜やヨーグルト等を摂取し食事にも気を付けているのにも関わらず、便秘がなかなか改善しないのは、血流不足によって腸の活動が弱っていることも原因のひとつかもしれません。腸をしっかり温めることで食べ物を消化し送り出す蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、食物繊維や乳酸菌も本来のパワーを発揮してくれます。

免疫力アップ

病原菌やがん細胞を死滅する免疫細胞は、体温が高いほど活発になります。腸には6~7割の免疫細胞が滞在しているので、冷えによって腸の活動が鈍くなると免疫力が低下してしまいます。常に適度にお腹まわりを温かい状態にキープしておくことが健康な体づくりに繋がります。

生理痛の緩和

生理痛は、子宮を収縮させ経血を押し出す働きをする「プロスタグランジン」という物質が過剰に分泌されることで起こります。しかも体が冷えて血行が悪くなると、この物質が骨盤内で滞り、さらに痛みを強くしてしまうのです。おなかをきちんと温めて血液の循環を良くすれば、この痛みを自然に和らげることができます。

心の安定

低体温の状態で血流が滞っていると、頭がぼんやりし、体の不調によって気持ちも沈みがちになります。逆に、体の中心から手足の末端まで血行が行き届き温かい状態の時は免疫力も上がるため、ストレスにも強く、身体的・精神的にリラックスして過ごすことができます。

おなかをしっかり温めて、身体の中から元気になりましょう

お腹には、命と健康にとってかけがえのない器官がたくさん集まり、休みなく働いています。毎日きちんと様子をチェックしながらしっかり温めて、ストレスに負けない元気な身体づくりを目指しております。

 

 

 

 

関連記事